叢生の治療(おとな)・・・抜歯


 あごと歯の大きさのバランスが悪く、叢生の度合いが大きいときは抜歯が必要なこともあります。

●患者さんは初診時年齢20歳歳の男性でした。
上下の叢生を気にして来院されました。
●上下左右の第一小臼歯を抜歯して治療を行いました。

治療前

治療中 治療後
 上下とも叢生が重度で、下の歯の真ん中は大きく右にずれていました。

 笑ったときに八重歯が目立つことを気にされていました。
上下左右の第一小臼歯を抜歯して治療を行っています。

 治療の間隔は3〜4週間に1度です。
 叢生が改善され、歯磨きやすい口腔内になりました。

 左右両方で噛めるようになり、顔面の非対称もすこし改善しています。


                       治療症例のページに戻る