埋伏歯の治療
 
埋伏歯(まいふくし)とは、本来はえているはずの歯が、なんらかの理由ではえてこられずに骨の中にある歯のことをいいます。
 
 必要があれば、矯正治療で埋まった歯を引っぱり出します。
 
 

●症例●

患者さんは初診時年齢8歳の女の子でした。
上の左上の乳歯がまだ抜けておらず、左だけ永久歯がはえていません。

レントゲン検査の結果、埋まっている左上の永久歯のすぐ下に過剰歯(余分ないらない歯)があり、永久歯がはえるのを邪魔していることがわかりました。

この過剰歯と乳歯を抜いて、矯正装置から永久歯をひっぱりだすことになりました。

治療前

治療中 治療後
しばらくお待ちください
 埋まっている左上の前歯   (黄色い○印)  少しずつ出てきています


                           治療症例のページに戻る