歯周病の治療(中等度)

●初診時43歳の男性です。

 奥歯が痛いと来院されました。歯の治療後、歯周病の治療を開始しました。

 今まで歯科医院に通院したことがなかったということで、歯石が多く付着していましたが、歯槽骨(顎の骨)への影響は重度ではありませんでした。

 歯周病の治療には患者さんの協力が不可欠です。
 
 とても熱心に治療を受けていただき、数ヶ月で見違えるような口腔内になりました。

 現在も継続して歯周病の治療を行っています。

初診時 約3ヵ月後 約半年後
 正面からみたところです。とくに右下の歯と歯ぐきの境目に歯石が多くみられます。  歯ぐきのきわについてい歯石が除去され、赤黒かった歯ぐきの色がきれいなピンク色になってきています。  歯ぐきの色はさらに健康的になり、虫歯の治療も行ったことで全体に明るい印象になりました。
 下の前歯の裏側です。、本来の歯の形が分からないくらい歯石が大量についています。  長年歯石に覆われていた歯ぐきがかなりきれいになりました。まだまだこれからきれいになっていきます 初診時と同じお口の中とは思えないくらいきれいになりました。ただ、下の前歯の裏は歯石がたまりやすい部分なので、磨き方にもコツがあります(詳しくは歯科衛生士が指導します)。


                             治療症例のページに戻る