指定自立支援医療機関・顎口腔機能診断施設♪ようこそ三村歯科・矯正歯科医院のホームページへ♪

当院では日本矯正歯科学会認定医による矯正歯科治療を行っています。

矯正歯科においては指定自立支援医療機関・顎口腔機能診断施設に認定されていますので、
保険診療が認められている不正咬合の治療に関しては、保険で矯正治療を受けることができます。

治療の必要の有無や開始時期に関しては個人により異なりますので、気になることがある方はまず1度ご相談ください。


【診療内容】

 ◆こども、成人のための歯並び、かみ合わせの治療
 ◆あごの変形を伴う患者さんの手術を併用した矯正治療
 ◆先天性疾患により歯並びやかみ合わせに不正がある患者さんの矯正治療
 ◆顎関節症を伴う患者さんの矯正治療
 ◆歯周病によりできた不正を治し、再発を予防するための矯正治療
 ◆さし歯やかぶせ物を入れる準備のための矯正治療
 
一般的な矯正治療のながれ
    
相談
   大まかな治療内容の説明を行います。
     
検査
   基本的な検査を行います(口や顔の写真、かみ合わせの型、レントゲン写真など)。    
     
◆診断

    検査で得られた資料で不正な部分を明らかにし、治療の詳しい説明を行います。
      
◆1期治療【参照1】
    こどもの矯正治療です。来院間隔は1〜3ヵ月に1度です。
      
◆観察
   
乳歯から永久歯への交換を観察します。
    
◆2期治療【参照2】

     大人の矯正治療(マルチブラケット装置による治療)です。来院間隔は約1ヵ月に1度です。
     
◆保定
     治した不正が後戻りしないように管理します。来院間隔は3〜6ヵ月に1度です。
     
保定後の観察
    保定後は歯周病予防のため、3〜6ヵ月に1度、歯科衛生士によるクリーニングを行います。
     
 
【参照1】
 あごの成長がさかんなこどもの時期にしかできない治療です。狭いあごを広げたり、上あごや下あごの成長を抑制したり、促進したりします。1期治療を行うことで、2期治療(参照2)がスムーズに行えます。

【参照2】
 あごの成長がほぼ終了した時期(12歳臼歯がはえそろうころ)からはじめる、大人の矯正治療です。