指定自立支援医療機関・顎口腔機能診断施設とは

 通常、矯正歯科治療を受ける際、健康保険は適用されず、自費となります。
しかし、いくつかの不正咬合では保険が適用されますが、認可された医療機関での治療に限られます。

 それが、指定自立支援医療機関・顎口腔機能診断施設です。

 保険が適用される不正咬合は以下の通りです。

●顎変形症

 あごのずれが大きく、歯の移動だけでは適正なかみ合わせを獲得することが出来ない方がおられます。
 このような場合、口腔外科と連携して手術を併用した矯正歯科治療(外科矯正)を行います。
 矯正歯科治療・外科手術とも保険が適用されます。

                     症例はこちら
●いくつかの先天性疾患

 以下の先天性疾患を持った患者さんの矯正歯科治療には保険が適用されます。

  ◆口唇・口蓋裂
  ◆第一・第二鰓弓症候群
  ◆鎖骨頭蓋異骨症
  ◆Crouzon症候群
  ◆Treacher-Collins症候群
  ◆Pierre Robin症候群
  ◆Down症候群