Topics

    2007年 Topics

    Topics Index   

♪ようこそ三村歯科・矯正歯科医院のホームページへ♪


■■2008/12/21  症例検討会で発表しました(山口県萩市)■■


 いつもお世話になっている南崎歯科(山口県萩市)主催の、「歯科衛生士のための歯周治療症例検討会」で、当院の歯科衛生士の山岡と永井が発表してきました。  
 
 歯科衛生士の発表は6題ありました。2人とも無事発表することができ、講師の先生方にもとてもためになるアドバイスをいただきました。

 歯科衛生士の発表のあとは、日本歯科大学東京短期大学の野村正子准教授、東京の小林歯科勤務で学会の理事や講師をつとめておられる鍵和田優佳里さんによる講義がありました。お2人とも認定歯科衛生士としてご活躍の方で、講義の内容にはとても刺激をうけました。

 その後、昭和大学歯周病教室の鈴木基之准教授による講義がありました。先生の講義は時にとてもユニークな話題がもりこまれているので、会場は和やかな雰囲気でした。
 
 このような発表会に演者として参加することはとてもエネルギーが必要ですが、こうして無事発表を終え、2人の歯科衛生士がまたひとつ成長してくれたように思います。

 これからも認定歯科衛生士の資格取得に向けて、さらにがんばっていきます!

 
発表はとても緊張しますがいい経験になりました 昭和大学歯周病教室の鈴木基之准教授の講義 鈴木准教授と南崎歯科の皆さん
左:日本歯科大学 野村さん
右:東京(小林歯科)鍵和田さん
記念撮影 萩の町並み とてもおいしいふぐでした☆





■■2008/11/10   いきいき健康スリム講座 〜健康は健口から〜■■

 港区保健福祉センターにて、いきいき健康スリム講座〜健康は健口から〜の講演を行いました。
             (大阪市の非常勤歯科医師として歯科検診や講演を行っています)

 一般の方にはまだまだ十分知られていない、骨粗しょう症や糖尿病、高血圧などの全身疾患と歯周病の関係などについてお話させていただきました。

 今回は少人数の講演でしたので、お口について気にされていることをおひとりづつお聞きし、それについてのアドバイスをさせていただくことができました。

 また、実際に歯ブラシを持ち、普段意識しなければなかなか磨けないところに歯ブラシの毛先をあてるコツをお教えすることができました。みなさん、これまで意識したことがなかった部位だったようで、「ほ〜」と感心されていました。

 歯周病について「知っているのと知らないのとでは大違い」です。
 「知る」ことで多くの疑問や不安は解消されますので、気になることがある方は是非一度ご相談ください♪


 


■■2008/10/24   日本歯周病学会(四日市市)参加■■

 先日の日曜日、三重県四日市市で開催された日本歯周病学会秋季大会に参加してきました。
                          去年の学会参加のトピックスはこちら

 特別講演では、糖尿病やメタボリックシンドロームと歯周病の関係がテーマのものがあったり、
市民公開講座では『歯周病と喫煙の関係から「からだ」の健康を考える』
と題した講演が行われました。

このように歯周病は単に口の中だけの疾患ではなく、全身と深くかかわりがあるということがよくわかります。

「木をみて森を見ず」といいますが、口の中だけをみて歯周病を治そうとしてもうまくいかないこともあります。

          みなさんも、一度全身の健康を見直してみませんか?

去年にひきつづき衛生士も参加です 南崎歯科衛生士、吹上さんの発表。
大変勉強になります
前日の懇親会
お世話になった昭和大学歯周病学教室の鈴木准教授と教室の先生方。
東京の塩野目先生と
南崎歯科のみなさん
せんだみつおさん発見!



■■2008/10/05   歯科臨床ベーシックコース『一○塾』参加■■

 これまで何度かTopicsにも書いてきましたが、山口県周南市にて行われている歯科臨床ベーシックコース『一○塾』にはもう何年もお世話になっています。これまでの参加の様子 @ A
 

 今回は歯科衛生士さんの講演があるということで、昨年に引き続き、当院の歯科衛生士2人と一緒に参加してきました。

 『口腔内写真の撮り方』(松下伸一先生)ではカメラの基礎を学び、実習では実際にカメラを用いて相互に撮影を行いました。当院でも口腔内写真撮影は行っていますが、参考になったことが多々ありました。
 『糖尿病と歯周病』(南崎信樹先生)では糖尿病のメカニズム、歯周病とどのような関係があるのかなどを学びました。また、最近では血液検査で歯周病細菌の抗体検査ができるとのこと、実際のキットを使って私も採血してもらいました。

 歯科衛生士さんの発表は、松下歯科医院(山口県周南市)の山本さん、石田歯科・矯正歯科クリニック(広島市)の石見さんと大坪さんでした。歯周病治療には歯科衛生士はなくてはならない存在です。この3人は歯周病学会の認定歯科衛生士の資格を取得されているので、それを目指している当院の歯科衛生士も毎回刺激を受けているようです。参加した歯科衛生士の感想

 12月にはもう一度塾に皆で参加する予定です。また、南崎歯科医院との歯科衛生士合同発表会も予定しています。

カメラは歯周病治療にとって必需品です 採血してもらってます 記念撮影☆




■■2008/08/25  うれしい知らせA■■

 先日、患者さんより結婚報告はがきをいただきました。

 歯並びを気にして来院され、矯正治療を行ったYさんからです。ご結婚前に治療は終了し、現在は数ヶ月おきの歯並び・かみ合わせのチェックと、クリーニングで来院していただいています。
 
 元々、とてもきれいな方でしたが、ドレス姿の美しいこと!!!
 スタッフからも「きれいですね〜!!!」との声があがっていました♪

 そして、何よりうれしいのがコメントでした。

 「歯を気にせず、思いっきり笑った写真ばっかりでした!
きれいにしてもらって本当によかったです。ありがとうございました!」

 
そう言っていただけて、私たちも本当にうれしいです。

     ♪Yさん、だんな様、おめでとうございます!末永くお幸せに♪




■■2008/07/10  みなと元気講座■■

 港区保健福祉センターにて 「みなと元気講座 健康は『健口から』」の講演を行いました。
      (大阪市非常勤歯科医師として歯科検診や講演を行っています)

 歯周病は全身疾患との関係も深く、お口の中を健康に保つことは体全体の健康にもつながります。
今回は、歯周病の原因や治療方法など、症例をみていただきながらお話させていただきました。

 猛暑の中、約20名の方が参加してくださり、積極的に質問もしていただきました。

 歯周病について気になっている方は是非ご相談ください。



■■2008/06/22  日本歯周病学会衛生士教育講演会■■

 大阪歯科大学にて行われた日本歯周病学会主催の第13回日本歯周病学会衛生士教育講演会に参加してきました。

 歯科衛生士は歯周病治療を行うには、なくてはならない存在です。日本歯周病学会では、

歯周治療および予防を通し、歯科衛生士の専門的知識と技術を確保するとともに、歯周病学の発展及び向上を図り、もって、国民の口腔保健の増進に貢献する

ことを目的に、認定歯科衛生士という制度を設けています。現在、全国に認定衛生士は約500名いますが、当院の歯科衛生士も認定衛生士の資格を取得するべく、日々がんばっています。

 昭和大学歯周病学講座の鈴木基之准教授による講演の後、歯科衛生士による発表が5題行われ、その中の一人として当院の歯科衛生士が発表を行いました!
 
 会場には約80名の歯科衛生士が参加する中、大変緊張したようですが無事発表を終えることが出来ました。

 今後もひとりでも多くの患者さんに、よい歯周病治療を受けていただけるよう、私たちも日々頑張っていきたいと思います。
 


■■2008/06/19  日本顎変形症学会に出席■■

 6月17〜18日に名古屋開催された日本顎変形症学会に出席してきました。
                (顎変形症に対する基礎知識はこちら

  顎変形症治療を成功に導くためには、治療を取り巻く一連の流れにおいて、調和、バランスがとれていることが必要とということで、今年のメインテーマは「調和 The harmony of …」で、たくさんの口演やポスター発表がおこなわれました。

 会場ではお世話になった恩師の先生方や、昔懐かしい大学時代の先輩にも再会することができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。
 
 当院でも顎変形症の患者さんに対する矯正治療を行っています。顎がずれていることでかみにくかったり、外見で悩んでいる方は是非1度ご相談ください。


 
口演、ポスター発表がたくさんおこなわれました 大学硬庭部時代の先輩
松村先生(中)と飯田先生(左)
名古屋と言えば
やっぱりひつまぶし


■■2008/06/16  パソコン同好会■■

 当院のHPはご覧の通り手作りです。業者に頼めばもっと専門的なHPが出来るのですが、あえて今のところ手作りにこだわって?がんばっています。

 「リンク」にもあげているのですが、このHPのベースを作ってくれたのは、私(N)の父(Temper75)です。そして、作製段階から、現在に至るまで指導してくださっているのが、母の同級生でもある岡西孝夫さんです。

 岡西さんのご活躍はHPをみていただければ一目瞭然ですので、ここでは詳しく書きませんが、本当に多才な方です。いつもお力添え感謝しています。

 月に一度、岡西さんを講師に迎えて開いているパソコン同好会に同席させてもらい、当院のHP更新についていろいろ質問してきました。たかがHP、されどHP。奥は深いです・・・・。

 今後も地道にHPを充実させて行きたいと思いますので、ご覧になって下さっている皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。





■■2008/06/07  院内勉強会を行いました■■

 
 当院では定期的に院内勉強会を行っています。

 今回は歯科衛生士2人が、それぞれ担当している患者さんの治療(歯周病の治療)の経過報告を行いました。

 患者さんは、お口の状態や性格、生活習慣などすべて違いますので、その方にあったブラッシング指導や治療を試行錯誤しながら行っています。

 このような勉強会を行うことで、日々の治療内容の再確認ができるようにがんばっています。

 歯周病の治療は患者さんと歯科衛生士の信頼関係で成り立っています。患者の皆様も、是非歯科衛生士にいろいろ相談してくださいね。

 勉強会の後は恒例のお食事会です。写真を撮り忘れました・・・。
 
     6月22日(日)に日本歯周病学会主催の歯科衛生士教育講演会にて、当院の歯科衛生士が発表予定です。




 
■■2008/06/02  歯周疾患検診を受けましょう■■


 当院では大阪市の事業の一環として、毎年対象者は無料で歯周疾患検診を受けることができます。昨年までは40歳以上の10歳ごとでしたが、今年から5歳ごとになりました。

今年の対象者は、大阪市民で、

    40歳(昭和43年生まれ)
    45歳(昭和38年生まれ)
    50歳(昭和33年生まれ)
    55歳(昭和28年生まれ)
    60歳(昭和23年生まれ)
    65歳(昭和18年生まれ)
    70歳(昭和13年生まれ)
    75歳(昭和9年生まれ)

の方です。
 
 検査費用は無料で、問診口腔内診査を行います(治療行為は含まれません)

歯周病が気になっている方、まずは自分のお口の状況を知ることが大切です。
           是非歯周疾患検診をお受けください!
   

      *歯科医師会に入会されている先生の歯科医院であればどこでも検診は受けられます*


  




■■2008/05/28  非常勤の先生方とお食事会をしました■■


 当院では、非常勤の先生方に数名来ていただいています。
 
 今日はその先生方と一緒にお食事会をしました。

 お店は谷町6丁目にあるお好み焼き屋さんです。ここはお好み焼き屋さんですが、コースでいろんな味を楽しめるとてもおいしいお店です。

 非常勤の先生を紹介します。

 南先生:口腔外科の先生です。月一度口腔外科の日に親知らずを抜いたり、外科的な処置を行ってくださる先生です。

 長楽先生:インプラント科の先生で、現在は京都の病院歯科に勤務されています。当院には開業当初から非常勤として来ていただいています。

 竹内先生:口腔外科の先生で、先生も京都の病院歯科に勤務されています。院長が学会や出張等で不在の時に活躍されていた先生です。

 三原先生:大学病院に勤務の先生です。今回は所用のため欠席でしたが、とても勉強熱心な先生です。

 
 おいしいお料理をいただきなが診療や研究、趣味の話などで盛り上がりました。

 これからも先生方のお顔を拝見することがあると思いますので、みなさんよろしくお願いいたします!

右から南先生、長楽先生、竹内先生 これからもよろしくお願いします!

■■2008/04/14  ミントセミナー
             矯正患者のブラッシング・予防セミナー参加■■


 去る3月23日に、みんとの会主催のセミナーに参加してきました。
テーマは、矯正患者のブラッシング・予防です。
 
 講師は、歯科衛生士の休尚子(やすみひさこ)さんです。
休さんは9年近く矯正専門の歯科医院に勤務されていた方で、矯正治療中の患者さんに対する歯磨き指導について詳しく講義していただきました。

 矯正治療を行うためには、どうしても複雑な装置がお口の中に入ります。取り外しできるものもありますが、多くは患者さん自身では取り外しが出来ないため、虫歯や歯周病になりやすくなります。

 今回のセミナーでは、カリエスリスク(虫歯のなりやすさ)検査のことや、装置によって有効な清掃器具の選び方、また、矯正治療を円滑におこなうための段取りなどについて詳しく講義がありました。

 また、矯正治療中は食生活に変化があります。実際矯正治療を受けたことのある方がどのような食事を選んでいたか、また、食べ方の裏技のようなものを伝えることは、矯正治療を受けている方、これから受ける方にとって大変心強いことだと感じました。

 せっかく矯正治療をしても、終わったときに虫歯がたくさんできては元も子もありません。矯正患者さんの歯を守るため、いままで以上にいろんな工夫を取り入れていきたいと思います。

                                    ☆歯科衛生士  永井麻里子☆

 


■■2008/03/04 うれしい知らせ■■

 
先日、とてもうれしい知らせが届きました。

 もう何年も前、矯正治療をおこなったKさんからの結婚報告はがきです☆

 ご本人の了承を得て、掲載させていただきます。

 彼女は当時まだ学生で、とても明るい患者さんでした。前歯の叢生(がたがた)を治したいとの希望で治療を行い、治療終了後の保定(後戻りをふせぐための定期観察)期間中も熱心に通院してくれました。

 あれからもう随分たちますが、今でも年賀状をいただきます。そしていつもコメントには「歯」のことがかいてあります。このはがきには
 
 
「ついに結婚しました。写真で見るかぎり歯並びはOKでしょうか?」

 幸せいっぱいの笑顔の口元、とても素敵です☆

 末永くお幸せに!!!



■■2008/1/26〜27  一○会新年会に参加しました■■

 山口歯科臨床研究座談会『一○会(いちまるかい)』 
の新年会があり、尾道に行ってきました。

 17名の歯科医師とスタッフが大集合し、とても楽しい新年会でした。

 初日には、おいしいお料理をいただきながら楽しい会話がはずみました。
 今年の抱負を各自1分間で発表しました。日々の臨床のこと、家族に対する想い、趣味のことなど内容はそれぞれでしたが、笑いあり、驚きありの楽しい時間でした。

 翌日はとても良いお天気で、千光寺山山頂からの眺めも最高でした。
 午後には生口島にわたり、平山郁夫美術館、耕三寺を見学し、新年会は終了しました。

 一○会の先生方にはいつもお世話になり、大変感謝しています。 
 今年もどうぞよろしくお願いいたします!

楽しい会話とおいしいお料理でした
同級生の長谷川(石井)先生と ロープウェイで千光寺山山頂へ
船に乗って生口島へ 平山郁夫美術館 耕三寺



■■2008/01/20  レーザー講習会に参加しました■■

 山口県周南市の松下歯科医院セミナールームで行われた、レーザー講習会に参加してきました。
 
 講師は堀江和彦先生です。近年レーザー照射器は研究が進み、機種も豊富になっています。

 講演ではレーザーの基礎知識、各症例ごとのレーザー照射テクニックについての話がありました。
 
 レーザー治療は万能であるかのように認識されることありますが、術者の確かな診断のもと使用することが大切であるということを再認識しました。






■■2008/01/05  新年の診療を開始いたしました■■


 新年あけましておめでとうございます。

 当院では、本日より新年の診療を開始いたしました。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 写真は、京都市伏見区で製瓦工場を営まれている浅田製瓦工場 浅田晶久さんの作品です。
毎年、京瓦でできた干支の置物を医院の玄関に飾っています。今年の干支は『子』。
来院された際には是非じっくりとご覧ください。