Topics Index

過去のTopics  
2010年
2009年
2008年

2007年



2011.11.24
お知らせ

 この度、2011年12月1日をもちまして、歯科医院を移転することになりました。設備も新しくなり、みなさんに満足していただけるようただいま準備中です!現在の場所に長く通っていただいている患者の皆様には何かと不自由をおかけするかもしれませんが、これからも皆様に安心して治療を受けていただけるよう、スタッフ一同努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

      新医院住所 〒552-0003 大阪市港区磯路3-1-2いそじMKビル1階
                   電話番号に変更はありません

 また、移転に伴いホームページもリニューアル中です。
 
               新しいアドレス→http://www.wakisaka-doc.jp

まだ製作中ですがよろしければのぞいて見てください。治療症例などまだまだこちらのほうが充実しているのですが、随時更新していきたいと思います。よろしくお願いいたします♪

2011.10.18~20
第70回日本矯正歯科学会(名古屋)

 秋は学会の季節です。今度は矯正の学会に行ってきました。
 
 今回は歯科衛生士と一緒の参加です。
 「名古屋で矯正学会あるけど行ってみる?」との誘いに
 「行きたいです。」
 と答えてくれました。歯科衛生士としては歯周病の治療に携わることが多いのですが、知識の幅を広げたいとのことで、同行してくれました。

 一緒にいろいろ回れたのは1日だけだったので、時間が足りないくらいでしたが、矯正と補綴(かぶせものなど)、矯正と歯周病など、一般歯科と絡めたシンポジウムに参加したので、歯科医師向けの講演だったので、彼女にとっては難しい内容ながらもいろいろ得るものがあったようです。

 私はその後、2日目の「一期治療とその意義」というテーマのシンポジウムと3日目のMFT(筋機能訓練)についてのシンポジウムを中心に参加しました。特にMFTのシンポジウムは歯科衛生士さんの発表で、実際クリニックで行われている治療(唇や舌の訓練)の様子などをビデオでみることができたりと、とても参考になりました。

 唇や舌の動きは歯並びやかみ合わせに大きく影響します。当院でも得たものをさらに取り入れて行きたいと思います。

 毎年のことですがこの学会ではたくさんの恩師や先輩同僚に会うことができます。
 今年もたくさん刺激をもらいました。またがんばりたいと思います!
2011.10.02
松下伸一先生追悼講演会

 歯周病学会の次の日、一○会の主催で山口大学医学部霜仁会館にて、松下伸一先生の追悼講演会が行われました。


 今年の4月末に他界され、お通夜では本当にたくさんの方が駆けつけておられました。このことをここに書こうかどうしようか、いや、実際は書こうとおもっても思い出すと辛くてかけなかったというのが本音かもしれません。

 松下先生は院長も私も本当にお世話になりました。先生ご自身の知識や技術を隠すことなく全て皆に伝えてくださる先生でした。それはすべて患者さんの幸せのため。本当にお世話になったのに、恩返しらしいことは何もできませんでした。これからできることといえばただひとつ、患者さんのために日々努力するということでしょう。

講演会には定員をはるかに超える申し込みがあったとのことです。
準備にあたって全てをしきってくださった南崎先生、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
松下先生はきっと喜んでくださったことでしょう!

改めて、松下先生のご冥福を心よりお祈りいたします。


2011.10.02
第54回日本歯周病学秋季学術大会(下関)

 先週の話になりますが、下関で行われた日本歯周学会にスタッフも一緒に参加してきました。

 今回の学会のテーマが『連携医療における歯周病治療 』 ということで、歯科と医科を連携するためのシステムや最新の検査などについてのシンポジウムが行われました。

 また、歯科衛生士教育講演ではいつもお世話になっている南崎歯科医院の田中さんが歯周外科処置と歯科衛生士〜フラップ・オペができる歯肉になっていますか?〜という内容で講演されました。
田中さんは山口県で第1号の認定歯科衛生士の資格を取得され、今も南崎先生とともに患者様の歯周病治療に携わっておられます。歯周治療には歯科衛生士の存在が不可欠、それを再認識したすばらしい内容でした。われわれもがんばっていきたいと思います!



 
2011.05.17
ご無沙汰しておりました

 トピックスの更新が全くできておらずご無沙汰しておりました。

 まず、3月の震災で被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。
地震が起こった時間、私は車で移動中で揺れに気付きませんでした。直後に診療所に到着すると、午後からの診療に来られて待合室におられた患者様とスタッフが外にでていましたので、どうしたことかと思ったら、地震があってかなりのゆれだったため念のため外に出たとの事。その時は、そうだったんだ、としか思わなかったのですが、次第に明らかになっていく地震と津波の悲惨な状況に言葉もなく、いたたまれない思いでした。2ヵ月経った今も多くの問題が残されています。微力ながら、できることを続け行きたいと思っております。
 歯科医師会や所属する学会からも義援金や被災された方が受診された際の協力要請などの連絡がきています。特に痛みがある場合や、矯正治療の途中で関西に避難されておられる方がおられましたら、対応させていただきますので、是非ご連絡ください。
 
2011.01.15
本年もどうぞよろしくお願いいたします

 2011年に入り、早くも半月が経過しました。
 
 新年のご挨拶が大変遅くなりまして申し訳ありません。

 年末年始より新しいスタッフも加わり、にぎやかになっております。
 本年も患者の皆様のお口の健康を守るため、スタッフ一同努力してまいりますので、
 どうぞよろしくお願い申し上げます。